{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ラヤ

残り3点

¥1,280 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

『凝縮した果実感が魅力♬』 土着品種『ガルナッチャ・ティントレラ』という葡萄から造られるこのワイン。皮だけでなく中身も赤いことで、『知る人ぞ知る』葡萄品種。 フランスでは『アリカンテ・ブーシェ』と呼ばれますが、完全にマイナーです。 スペインワインを扱い始めた頃から個人的に好きな品種で、バスクバル・チャコリでも常にオンリストしています。 味わいは『濃厚な凝縮した果実感』が一番の特徴で、レーズンのようなニュアンスが強く感じられます。 店でもリピート率が高くスタッフ受けもとてもいいです♬ 『スペインらしさ』をしっかり感じることができます! シンプルに調理したお肉料理に、又はワイン単体でもじっくり味わえるワインですね! ヴィンテージ 2011年 生産地 アルマンサ 生産者 ボデガス・アタラヤ ■味わい:フルボディ ■アルコール度数:14.5% ■格付け:DOアルマンサ ■ぶどう品種:ガルナッチャ・ティントレラ70% モナストレル30% 【チャコリ動画】 『このワインを例えてみよう!』でもスタッフと紹介しています! https://youtu.be/WDKvLrpEfqQ 【インポーター資料より】 土着品種、100%新樽熟成 生産者のこだわりが詰まった1本 少しだけ樽をかけた若いタイプのワインで、ティントレラは若いと強すぎるため、30%モナストレルをブレンドして、丸さを出しています。 畑の面積は60ha、標高700~1,000mに位置し、土壌は石灰質です。平均樹齢は25年以上、収穫は手摘みで行ないます。 発酵前に低温でプレマセラシオンを行なった後、ステンレスタンクで発酵させます。熟成はフレンチオークの新樽で4ヶ月行います。ノンフィルター、ノンファイニングで瓶詰します。 深いチェリーレッド。熟した果実とフローラルなノートの混ざるエレガントで複雑なアロマ。口当たりはフレッシュで、タンニンはまだ若々しいのですが、とてもバランスがとれています。長くスムーズなフィニッシュです。 ラヤは女性の名前で、スペインでは女性らしいイメージを持つ木の葉の絵柄をラベルにしました。